20200626_232900110_iOS
トレヴァー・ノートン著・赤根洋子訳
文春文庫

「人体実験」とそれだけ聞くと、いわゆる「非人道的な行為」を連想するかもしれません。
しかし本書で取り上げられているのは、自分自身を実験台にした(主に)科学者のお話です。

現代において医学の研究は厳格な基準・手順で安全性に最大限配慮して進められるものです(という認識です)
ですが…ざっくり20世紀なかばまではかなり乱暴な実験が行われていたようです。

例えば伝染病はどうして感染するのか?
実際感染させるのに他人を使うのはさすがにマズイ…では研究者自身を実験台として確かめてみよう!
という行為が行われていたといいます。

最初の主人公は18世紀イギリスの医学者、ジョン・ハンター。
医学黎明期に、人体解剖するために死体を盗んで膨大な標本を作製し、結果外科治療の発展に貢献したという人物です。

ただこの方、性病の研究のため性病患者の膿を自分の○○に塗りつけてみたとか…知らぬとはいえ当時としても常軌を逸したことをしていたようです。

ハンター以外でも、伝染病がいかにして感染するかを調べるため、患者の血液を注射したとか、ゲロを飲んでみたとかいくつもおぞましい事例が紹介されています。

医薬品の効能や麻酔の効き方を調べるのに自身に投与して死にかけたような事例も多数記載されています。
こうしたある意味無謀な努力の積み重ねの上に築き上げられた医療の恩恵を、現在の私たちは受けていると思うと…まぁ感謝しなければいけませんね。

医学以外でもいくつか事例があります。
中でも放射性物質の章が印象的でした。

放射性物質と言えばラジウムのキュリー夫人が有名ですが、当時は放射線の危険性がよく分かっておらずポケットに入れていたとか、今となっては信じられないことをしていたそうです。

初期の放射性物質の研究者は、多くが放射線障害によって亡くなっています。
それでも、ラジウムの放つ青白い光は本が読めた…というような記述は妖しくも美しい光景をイメージさせますね(私だけ?)

他にも、イエーガーの音速突破とか、ピカールの成層圏気球と深海潜水艇といった私自身が子供のころから興味のあった(比較的まともな)冒険話もあります。

軽妙な表現が多く、堅苦しさは全くありませんし、どの章から読んでも楽しめるので、日常の隙間時間で楽しめる本です。
***********************************
Amazonへのリンク
(Kindle版もあります)

ジョン・ハンターの伝記

ジョン・ハンターの伝記コミック

ヤヴァイ医学史