20190426_141032245_iOS
”ちちゃん”こと、眉村ちあきのメジャー1stアルバムです。
初回プレス分はゴールドに輝くジャケです!

とりあえず「弾き語りトラックメイカーアイドル」という肩書きにしているそうですが、既存の枠にはまらない存在になりましたね。

実はインディーズ時代のベスト盤的な「ぎっしり歯ぐき」も入手していたのですが、全32曲というボリュームに記事をまとめるのどうしよう…と思っているうちに今作がリリースされてしまいました(;´∀`)

例によって謎タイトル(!)「めじゃめじゃもんじゃ」
ひとまずトレーラーをご紹介


TV番組出演中、即興で作った「ゲロ」みたいな曲もあれば、普通にイイキョクではないか?と思わせるものまで…これもメジャー効果なのでしょうか。


この人、曲はどんどん出てくるそうで…やはり「できる」という感覚しかないのでしょう。
そういう意味では陽性の天才なのだと思います。

今まではイロモノ的な曲が多かったように思いますが、「大丈夫」という曲は内面を吐露したかのような歌詞で、共感を呼ぶようなバラードになってしまいました(!)

「大丈夫」MV



映像的に濃ゆいのが…(プロインタビュアーの吉田豪氏、アーバンギャルド 松永天馬氏 が友情出演!)
「荻窪選手権」MV



映像はありませんが、年上の男性との複雑な感情を表現した「おじさん」という曲は…今回のアルバムから見られるようになった陰影とでもいうような側面を表しています。

そんなこんなで何度か聴いているうちに、音楽系ユーチューバーのぱくゆう氏がアルバムレビューで取り上げていました。
その中で、まさに本質を言い当てていたと思ったのです。

【こちトラ自腹じゃ #139】めじゃめじゃもんじゃ / 眉村ちあき


…どうですか?
整っていない、カオスすら感じる楽曲が多いのに…歌でカッ!と成立させちゃっているというお話しは非常に納得感があります。

逆に歌力(うたぢから)が強すぎて、毎日聴くにはこちらにも体力が要求されるような気がします(´Д`)
僕個人的には歳なんで、週イチくらいかな(笑)

こういう成立のさせ方って…クリトリック・リスにも(ちょっとだけ)通じるように感じています。
でも、眉村さんの方がはるかに学習能力というか吸収力が高くて器用な気はしますね(笑)

***************************************
↓ タワレコへのリンク

【CD】 めじゃめじゃもんじゃ


【CD】 ぎっしり歯ぐき




**********************************
↓ amazonへのリンク